[楽天モバイルのプラン]選び方と料金の違いを徹底解説!

スポンサーリンク

要件を承知した女性

楽天モバイルの組み合わせプラン詳細

組み合わせプラン 通話SIM 050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシックプラン 1250円 645円 525円
3.1GBプラン 1600円 1020円 900円
5GBプラン 2150円 1570円 1450円
10GBプラン 2960円 2380円 2260円
20GBプラン 4750円 4170円 4050円
30GBプラン 6150円 5520円 5450円

楽天モバイルの選べるSIMタイプ3種類

  • 音声通話SIM
  • 050データSIM
  • データSIM

[楽天モバイルの組み合わせプラン]音声通話SIM

音声通話SIM

楽天モバイルの音声通話SIMは、音声通話をするためのSIMカードです。

音声通話SIMであれば、090/080/070から始まる電話番号を持つことができます。

また、他社から楽天モバイルへ電話番号を引き継ぐMNP転入する場合は、音声通話SIMを選ぶ必要があります。

3種類のSIMタイプの中では一番料金が高くなりますが、電話番号を持ちたい人は音声通話SIMを選びましょう。

[楽天モバイルの組み合わせプラン]050データSIM

050データSIM

050データSIMとは、050から始まる電話番号を持つことができるデータSIMです。

音声通話SIMと同様にLINEやゲームに必要なSMS(ショートメッセージ)で登録認証できます。

また、音声通話SIMよりも安く利用できるのも強みの一つです。

しかし、音声通話SIMと違い090/080/070から始まる電話番号は持てないので注意してください。

[楽天モバイルの組み合わせプラン]データSIM

データSIM

データSIMは月額525円から使える3種類の中でもっとも安いSIMカードです。

ただし、電話番号を使うことはできません。

また、LINEやゲームの認証に必要なSMSも使えないので注意が必要です。

楽天モバイルのベーシックプランとは?

「楽天モバイルのベーシックプランって何?」

楽天モバイルの組み合わせプランを選ぶ人は、こんな風に疑問に思うでしょう。

楽天モバイルのベーシックプランとは、データ容量がないプランとなります。

ただし、データ容量はなくても通信速度最大200kbpsでデータ通信が可能となっております。

つまり、常に速度制限がかかった低速データ使い放題プランと考えて良いでしょう。

ベーシックプランの通信速度でYoutubeなどの動画再生やスマホでのオンラインゲームを楽しむのは難しいので注意してください。

楽天モバイルのスーパーホーダイプラン詳細

プラン 最低利用期間 ダイヤモンド会員 楽天会員 楽天会員でない方
1年目・対象月のみ 1~2年目 1~2年目
プランS
(2GB)
3年 980円 1480円 1980円
2年 1480円 1980円 2480円
1年 1980円 2480円 2980円
プランM
(6GB)
3年 1980円 2480円 2980円
2年 2480円 2980円 3480円
1年 2980円 3480円 3980円
プランL
(14GB)
3年 3980円 4480円 4980円
2年 4480円 4980円 5480円
1年 4980円 5480円 5980円
プランLL
(24GB)
3年 4980円 5480円 5980円
2年 5480円 5980円 6480円
1年 5980円 6480円 6980円

楽天会員だとスーパーホーダイがお得に

楽天モバイルは楽天会員だとよりお得にスーパーホーダイプランと契約できます。

なぜなら楽天会員だと2年間ずっと500円割引になるからです。

例えば、スーパーホーダイのプランM(6GB)は通常月額料金が3980円かかるところを、楽天会員だと3480円になるのです。

ですのでスーパーホーダイを契約する人は事前に楽天会員になることをおすすめします。

楽天会員は登録無料で年会費もかかりません。

楽天会員割はスーパーホーダイご契約者特典。楽天モバイルに楽天会員ユーザIDを登録された月から割引が適用。開通月を1カ月目とし、24カ月目までの月額基本料が500円割引。


楽天モバイルより引用

ダイヤモンド会員だとスーパーホーダイがよりお得に

楽天モバイルのスーパーホーダイはダイヤモンド会員だと500円割引でさらに安くお得に契約できます。

楽天会員割に加えて割引されるので、合わせて1000円割引されることになります。

「過去6ヶ月の獲得が4000ポイント以上」「過去6ヶ月の獲得回数が30回以上」「楽天カードの保有」の3点を全て満たすことでダイヤモンド会員になれます。

ダイヤモンド会員になるには、お買い物時には積極的に楽天カードを使いましょう。

楽天カードを使うことで楽天スーパーポイントが貯まるのでダイヤモンド会員に近づけますよ。

ダイヤモンド会員割はスーパーホーダイご契約者特典。楽天モバイルに楽天会員ユーザIDを登録された月から割引が適用。楽天会員ランクがダイヤモンドの月のみ、開通月を1カ月目とし、12カ月目までの月額基本料が楽天会員割に加えて、さらに500円割引。1つの楽天ユーザIDに対して、契約中回線の中で最初にお申し込みされた1回線(楽天モバイルユーザIDのraから始まる番号が最も若い1回線)のみ特典対象。


楽天モバイルより引用

スーパーホーダイプランは10分かけ放題付き

楽天モバイルのスーパーホーダイプランは、10分以内の国内通話かけ放題プランが付いています。

スマホアプリ「楽天でんわ」経由で発信することで10分以内の通話が何回かけても無料になります。

または、「楽天でんわ」アプリを使わなくても電話で発信時に「003768」を付けて発信しても無料です。

もし通話時間が10分を超えたとしても、10円/30円と通常の半額で使えるのでお得です。

このように楽天モバイルのスーパーホーダイプランは音声通話を頻繁に利用する人におすすめのプランなのです。

楽天モバイル公式はこちら

スーパーホーダイは初月無料なしなので注意

楽天モバイルは以前、初月無料キャンペーンをやっていましたが、今では初月無料キャンペーンが無くなっています。

ですが、現在はスーパーホーダイプランと契約すると「プランM」「プランL」「プランLL」のどれでも初月は「プランS」と同額になるキャンペーンをやっています。

なので、初月にお得になることは変わりません。

キャンペーンの終了日は未定ですがいつ終了するか分かりません。

キャンペーンが終了しないうちに、早めに楽天モバイルへ申し込むことをおすすめします。

楽天モバイル公式はこちら

最低利用期間を自分で選ぶことが可能

楽天モバイルのスーパーホーダイは最低利用期間を選ぶことができます。

選べる最低利用期間は「1年」「2年」「3年」から選べます。

そして最低利用期間を長く設定するほど月額料金が安くなります。

ちなみに最低利用期間以内に解約すると契約解除料として9800円請求されます。

楽天モバイル公式はこちら

最低利用期間は開通月を1カ月目とし、最低利用期間を12カ月、24カ月、36カ月から選択可能。選択した期間内に楽天モバイルを解約した場合、契約解除料9,800円が発生。


楽天モバイルより引用

スーパーホーダイはデータ使い放題

楽天モバイルのスーパーホーダイは、高速通信容量を全て使い切ったとしても最大1Mbpsの通信速度でデータ通信が可能となっております。

「最大1Mbpsはどのくらいの通信速度なの?」

こんな風に思う人も多いでしょう。

最大1Mbpsであれば、メッセージやメールのやりとりが快適にできます。

また、ネットサーフィンや地図アプリ、ゲームアプリもストレスなく楽しめます。

そしてYoutubeの動画再生も低画質であれば問題なく見ることができます。

このように楽天モバイルのスーパーホーダイはデータ使い放題でスマホで大抵のことはストレスなくこなせるのです。

楽天モバイル公式はこちら

スーパーホーダイと組み合わせプランの違いを比較

iPhoneを使っている女性の画像

組み合わせプラン スーパーホーダイプラン
データ容量 ベーシック・3.1GB・5GB・10GB・20GB・30GB 2GB・6GB・14GB・24GB
月額料金 1250円~6150円 2980円=6980円
最低利用期間 1年間 1~3年間
速度制限時 最大200kbps 最大1Mbps
かけ放題 別途契約が必要
(月額850円)
10分以内かけ放題
料金割引 なし ・2年契約で月額1000円割引(2年間)
・3年契約で月額1500円割引(2年間)

[楽天モバイルの選び方]プラン診断を利用してみよう

パソコン操作してる女性

「楽天モバイルと契約したいけど選び方が分からない。」

「組み合わせプランとスーパーホーダイプランどちらを選べば良い?」

こんな風に思っている人は、楽天モバイルの料金シミュレーションを利用することをおすすめします。

プラン診断で一つ一つ項目を埋めていくだけで月額料金の目安を知ることができます。

実際に料金シミュレーションをすることで、乗り換えるとどれくらい安くなるか分かるので便利ですね。

料金プランの選ぶ方に悩んでいる人は積極的にプラン診断で料金の見積もりをすると良いでしょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

スマホの画面を見ている女子大学生 1

3大キャリアのiPhoneを安く使うなら格安SIMがおすすめです。
そこで今回は、人気MVNOの速度・料金を比較しランキング形式で紹介します。

SIMフリーiPhone画像 2

一部の格安SIMではSIMフリーiPhoneを端末セット販売してます。セット購入できるおすすめ格安SIMを比較しランキング形式で紹介します。

iPhoneにSIMカードが挿入されていない画像 3

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のiPhoneを電話番号そのままで格安SIMへ乗り換える(MNP)手続きや設定方法を解説します。

iPhoneのデータ移行画像 4

iPhoneで格安SIMへ乗り換える前に準備・やっておくことがあります。引き継ぎやデータ移行、バックアップ、それに伴う注意点を解説します。

iPhone Xの白色 5

3大キャリアと比較するとSIMフリーiPhoneを格安SIMで使う方が安いです。今回はiPhoneが安くお得に使える最安運用法を解説します。

画面にヒビが入って故障したiPhone 6

故障iPhoneの修理代は高額です。メーカー保証の「AppleCare+」や格安SIMが提供する「端末保証」などの保険に加入すれば安心です。

iPhoneとテザリングの画像 7

iPhoneのテザリング機能は格安SIMでも使えます。今回はテザリング対応機種(ドコモ、au、ソフトバンク、SIMフリー)を紹介します。

mineoを使っている少女 8

iPhone利用者No.1のmineoはドコモ・au回線対応のマルチキャリアです。料金や乗り換え方法は勿論、悪い評価・評判、デメリットも紹介!

UQモバイルを使っている女性 9

「UQモバイルの悪い評判や口コミを知りたい。」購入前にデメリットを把握すれば後悔しません。そこで実際使ってみた人の体験談や不満を紹介します。

LINEモバイルを使っている女性 10

「LINEモバイルへの乗り換え検討中だけど、口コミや評判・感想ってどう?」そんな人のために実際に使ってみたメリット・デメリットを紹介します。

楽天モバイルを使用している少女 11

楽天モバイルを検討中なら口コミが参考になりますよ。そこで今回は、実際の通信速度や料金プランだけでなく、デメリットや悪い評判も紹介します。

投稿日:

Copyright© 【iPhoneに合う格安SIMおすすめ】人気MVNO比較ランキング! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.