iPhoneは格安SIMが安い!安くお得なSIMフリー最安運用法

スポンサーリンク

安い格安SIM画像

安い格安SIM3つのポイント

人気の格安SIMはこちら-左側-ボタン

安く購入するならSIMフリー版iPhoneがお得!

iPhoneを使用しているOL人気の格安SIMはこちら-左側-ボタン

SIMフリー版iPhoneとは?

SIMフリー版iPhoneとは、どの格安SIMでも使えるiPhoneのことです。

SIMフリー版iPhoneと対の存在になるのがキャリア版iPhoneです。

キャリア版iPhoneは大手キャリア(docomo,au,softbank)で取り扱っています。

キャリア版iPhoneはSIMロックという利用制限がかけられており、そのキャリアの回線を借りている格安SIMしか使えないのです。

つまりdocomoのiPhoneが使えるのは、docomoの回線を借りているドコモ系格安SIMのみということです。

詳しくは、SIMロック解除・SIMフリー端末とは?をご覧ください。

まとめると、キャリア版iPhoneで使える格安SIMは限られますが、SIMフリー版iPhoneであればどこの格安SIMでも使うことができるのです。

SIMフリー版iPhoneの買える場所

SIMフリー版iPhoneの買える場所のおすすめは、Appleのオンラインストアです。

Appleから直接購入すれば、「Apple Care」という保証が1年間無料でついてきます。

また、購入してから1,2日ほどで自宅に届くので、地方などに住んでいる人もわざわざ遠出する必要がありません。

そして、送料も無料なので気軽に申し込むことができ、おすすめです。

他にiPhoneの買える場所を挙げるとすればAppleの直販店です。

直販店であれば、購入する前に実機を触ることができます。

「実際に端末を触ってから購入を決めたい。」

そんな人は、オンラインストアで購入するよりも直営店に直接足を運んだほうが良いでしょう。

ただし、Appleの直販店はまだ日本に8店舗しかないので、近くに直営店がない人はAppleのオンラインストアでiPhoneを購入をおすすめします。

[料金比較]SIMフリー版iPhone vs キャリア版iPhone

SIMフリー版iPhone画像
人気の格安SIMはこちら-左側-ボタン
「SIMフリー版iPhoneとキャリア版iPhoneはどちらが安いのか?」

こんな風に思っている人もいるでしょう。

iPhoneを購入するならなるべく安く選びたいですよね。

結論から先に言うと下記になります。

【結論】

端末代だけでみるとキャリア版iPhoneの方が安い。

しかし、月額料金(端末代+通信費)では、格安SIMで運用したSIMフリー版iPhoneの方が安い。

[本体価格]SIMフリー版iPhone vs キャリア版iPhone

iPhone X(64GB) 端末料金 実質負担金
docomoのiPhone 125064円 68040円
auのiPhone 128160円 64080円
softbankのiPhone 131040円 54000円
SIMフリー版iPhone 112800円 112800円

上記は大手キャリアのiPhoneとApple Storeで購入したSIMフリー版iPhoneの端末代の安さを比較したものです。

実質負担額をみてみると、大手キャリアの方が安いことが分かります。

しかし、iPhoneの端末代だけで判断してはいけません。

なぜならiPhoneが安くても月々にかかる通信費が高ければ意味がないからです。

そこで「SIMフリー版iPhoneを格安SIM(mineo)で運用した通信費」と「大手キャリアでiPhoneを運用した通信費」で比較しました。

mineoでSIMフリー版iPhoneを安く使う

mineoの画像

月額料金(20GB) 月々の通信費
docomo】
カケホーダイライトプラン
ウルトラデータLパック
6264円
au】
アップグレードプログラムEX
auピタットプラン(スーパーカケホ)
7480円
softbank】
スマ放題ライト
ギガモンスター
7640円
mineo×SIMフリー版iPhone】
(Dプラン)
4680円
二重丸(小)

「mineo×SIMフリー版iPhoneの通信費」と「キャリア版iPhoneの通信費」の比較表は上記になります。

比較表を見ればわかる通り、格安SIM(mineo)の通信費の方が大手キャリアよりも安いことが分かりますね。

ちなみに大手キャリアのプランはどれも20GBと大容量のプランで、5分以内の国内通話がかけ放題のプランとなっております。

mineoでは、docomo回線を使ったDプラン(20GB)の料金を採用しております。

かけ放題は付いていないのですが、「10分かけ放題」という月額850円のオプションをつけることができます。

もしかけ放題を付けたとしても通信費はmineoの方が安いですね。

安く購入するならSIMフリー版iPhoneがおすすめ

auとmineoでiPhoneを運用した場合の料金比較グラフ画像

次に、端末料金と通信費を合わせた月額料金をauとmineoで比較してみました。

上記の比較表のように、最初はiPhoneの実質負担額が安いauの方が安く運用できます。

しかし、時間が経つにつれて、SIMフリー版iPhoneで運用している格安SIM(mineo)の方が安くなっていきます。

iPhone端末代は一回だけ支払えば良いですが、通信費は一回だけ支払えばいいものではなく毎月です。

長い目で見たときに通信費が安い格安SIMと契約した方が結果的に安くなります。

上記の結果から、キャリア版iPhoneよりもSIMフリー版iPhone×格安SIMの方が月額料金が安いことが分かります。

キャリアよりもmineo×SIMフリー版iPhoneの方が安いですよ!

SIMフリー版iPhoneの安い買い方

iPhoneを使っている女性の画像

安いiPhoneの買い方

  • アウトレットで購入する
  • Amazonで購入する
  • 楽天市場で購入する
  • 格安SIMでセット購入する
  • 安くなる時期に購入する
  • 型落ちで安くなった時に購入する
  • 機種変更時に古いスマホを下取りする

SIMフリー版iPhoneであればキャリア版iPhoneよりも安く使えます。

「でもSIMフリー版iPhoneは高くて躊躇してしまう。」

こんな風に思う人もいるかと思います。

できれば安く購入したいですよね。

安心してください、SIMフリーiPhoneを安く購入する方法はたくさんあります。

そこで、SIMフリー版iPhoneを安く購入する方法をご紹介します。

人気の格安SIMはこちら-左側-ボタン

[iPhoneの安い買い方]アウトレットで購入する

ムスビー画像

アウトレットサイトでは、ワケありや中古の白ロム(SIMカードが挿入されていないスマホ)が安い値段で販売されています。

iPhoneのアウトレット品はムスビーで購入することができます。

Apple StoreのSIMフリー版iPhone 7(128)72800円がアウトレット品だと44300円で売っていたりするので非常に安く購入することができます。

新品とほぼ変わらない未使用品や中古の傷付き品、販売終了した端末まで幅広く取り揃えているので、自分にあったiPhoneを見つけることができますよ。

アウトレットサイトの良い点は、安いだけではありません、購入までに時間がかからないことも大きなメリットです。

ヤフオクなどのオークション販売の場合だと、入札から落札までに時間がかかり、価格が徐々に上昇していきます。

しかしアウトレットサイトでは、価格は変動しない上、購入は早い者勝ちとなるのでスムーズに取引を終えることができます。

このようにアウトレットサイトは、iPhoneを安く素早く手にすることができるのです。

また、使い終えたスマホをアウトレットで売ることもでき、売ったスマホの代金をアウトレット品のiPhoneの購入に回せます。

「多少の傷が付いていてもいいから安いiPhoneを購入したい。」

こんな人はアウトレットサイトであるムスビーでiPhoneを購入することをおすすめします。

[iPhoneの安い買い方]Amazonで購入する

amazonで販売されているiPhone 7

白ロム(SIMカードが挿入されていない)iPhoneはAmazonでも販売しています。

amazonで販売されているiPhoneは「マーケットプレイス」と言って販売元はamazonではなく、業者が販売しています。

amazonでiPhoneを購入するメリットは2点あります。 1点目は、安いiPhoneを幅広く取り扱っている点です。

様々な業者がamazonを経由して販売しているので、価格帯も幅広く、Apple Storeよりも安いiPhoneを購入できますよ。

2点目は、購入が簡単にできる点です。

大手キャリアのようにiPhone購入と同時に契約する必要がないので、購入手続きはボタン1つで簡単です。

ただし、「マーケットプレイス」での購入はアマゾンプライムが使えず、手元にiPhoneが届くのが3日後~1週間後となる可能性があります。

また、キャリアへの未払いによって使用を停止されてる「赤ロム」iPhoneに注意する必要があります。

赤ロムのiPhoneを誤って購入しても使うことができず、またiPhoneを購入しないといけないため、かえって余計なお金を支払うことになってしまいます。

このような赤ロムを誤って購入した際に返品対応してくれる業者も存在します。

安くiPhoneを購入するのであれば、永年返品対応してくれる業者からiPhoneを購入するようにしましょう。

iPhoneを安く運用できるmineo公式はこちら

[iPhoneの安い買い方]楽天市場で購入する

楽天市場で販売されているiPhone 7画像

Apple Storeよりも安いiPhoneは楽天市場でも購入することが可能です。

楽天市場で安いiPhoneを購入するメリットは2点あります。

1点目は、楽天スーパーポイントがもらえることです。

通常、楽天スーパーポイントの還元率は100円で1ポイント(=1円)です。

しかし、楽天市場だとiPhone購入で付与されるポイントが最大7倍にすることが可能なのです。

付与された楽天スーパーポイントは、楽天関連のサービスで利用できるのでお得ですよ。

楽天市場を利用するメリット2点目は、タイムセールがあることです。

時間限定で割引される商品の中には50%以上OFFされるものも多いです。

もし目当てのiPhoneがタイムセールで販売されていたらチャンスなので積極的に購入したほうが良いでしょう。

このように楽天市場ではポイントやタイムセールなどのお得なサービスが盛りだくさんなので安いiPhoneの購入におすすめです。

[iPhoneの安い買い方]格安SIMでセット購入する

mineoでiPhoneセット購入
格安SIMでもiPhoneが安く購入できる場合があります。

たとえば、UQモバイルでiPhone SE(32GB)をセット購入すると、マンスリー割(2年間月額基本料金を値引きするサービス)で実質支払額は108円と破格の安さとなります。

このように格安SIMでiPhoneをセット購入すると、割引サービスでApple Storeよりも安く購入することができるのです。

そして、格安SIMでiPhoneをセット購入する最大の利点は、初期設定が不要であることです。

セット購入すれば、SIMカードを挿入されたiPhoneを初期設定済みで自宅に届けてくれます。

通常は自分でiPhoneにSIMカードを挿入して初期設定をしなければいけないのですが、セット購入であればその手間が省けるので楽ですよ。

設定方法がわからない人は、格安SIMの初期設定を業者に頼むしかなくなるので余計にお金がかかってしまいます。

そう考えると、初期設定済みのiPhoneが自宅に届くセット購入はコスパが良くてお得です。

ただし機種によっては、Apple Storeで販売されているiPhoneよりも少し高い値段で販売されていますので注意しましょう。

iPhoneとセット購入できるおすすめの格安SIMは下記になります。

[iPhoneの安い買い方]安くなる時期に購入する

iPhoneを安くなる時期に購入する少女
スマホが安くなる時期に購入することで、通常よりもお得にiPhoneを手に入れることができます。

タイミングが合えば安くなる時期にiPhoneを購入したいですよね。

「ではiPhoneが安くなる時期はいつなのか?」

iPhoneが安くなる時期というのは色々ありますが、一番わかりやすいのが2月と3月の時期です。

理由は2点あります。

1点目は、卒業や新生活のタイミングで機種変更する利用者が多いからです。

昔に2月と3月に契約した利用者の2年縛りが解放されるのも同じ2月と3月なので、この時期に機種変更する人はピークを迎えます。

大手キャリアなどをはじめとしたスマホ会社は、このピークとなる2月と3月の時期を狙って学割などのお得なキャンペーンを積極的に行うのです。

2点目は、3月末が決算日であるスマホ会社が多く、残っている予算を使い切ろうとするからです。

また売り上げ目標に到達していない店舗は、最後のラストスパートであらゆるキャンペーンを駆使するのでスマホが安くなります。

このようにスマホが安くなる時期である2月と3月は、iPhoneを購入する絶好のタイミングなのです。

[iPhoneの安い買い方]型落ちで安くなった時に購入する

型落ちしたiPhone画像
型落ちとは、新製品が販売されることによって、従来販売されていた製品が古くなることです。

通常、型落ちになった製品は、売れにくくなるので安くなります。

この型落ちをiPhoneの販売時期にも応用すると、安くiPhoneを手に入れることができます。

iPhoneは毎年決まった時期に新製品の発表を行います。

その時期は9月となります。

9月頃の新製品発表と同時に、型落ちしたiPhoneは安くなります。

値下げされるのは約10000円弱となります。

また不具合がある可能性が高い新製品よりも、型落ちした旧製品の方が動作が安定しています。

このように型落ちのタイミングである9月を狙うとiPhoneが安く購入できます。

「最新機種でなくても良いからiPhoneを安く買いたい。」

このような人は、型落ちのタイミングでiPhoneを購入するとよいでしょう。

iPhoneを安く使うには格安SIMでの運用は必須です。

[iPhoneの安い買い方]機種変更時に古いスマホを下取りする

iPhoneの下取り画像

iPhoneを機種変更すると、古いスマホを使う機会はほとんどありませんよね。

機種変更するのであれば、古いスマホは「下取り」してもらいましょう。

下取りとは、機種変更などで新しい製品を購入する際に、使い終わった製品をお店に差し出すことで受けられる割引のことです。

新たにiPhoneを購入する前に、古いスマホを下取りすることで安くiPhoneを購入することができます。

Apple Storeには「Apple GiveBack」という下取りプログラムがあります。

「Apple GiveBack」でのiPhoneの下取り額は最大40000円となっており、店舗に持ち込むだけではなく、郵送もできるので手続きも簡単です。

下取りできるのは1台までで、古いiPhoneに傷があっても下取りは可能となっております。

また大手キャリアや格安SIMでも下取りプログラムを行っております。

お好みのiPhone購入先で下取りプログラムを利用すると良いでしょう。

iPhoneを安く使うなら格安SIM!

OLの画像
人気の格安SIMはこちら-左側-ボタン
いくらiPhoneを安く購入したとしても、通信費が高ければ意味がありません。

iPhoneを安く使うには、格安SIMの安い通信費で運用することが必須です。

実際に総務省による調査データだと、格安SIM利用者の約7割が月額基本料金を2000円以内に収めています。

一方で大手キャリア利用者で月額基本料金を2000円以内に収めている人は1割もいません。

この調査データからiPhoneを安く使うなら格安SIMで運用した方が良いことが分かります。

契約ごとの支払額画像
月額利用料金については、MNOでは「6,000~7,999円」(30.8%)、サブブランドでは「2,000~3,999円」(50.4%)、MVNOでは「1,999円以下」(68.5%)
が中心的な支払い額となっている。

総務省より引用

[安い格安SIM]mineoとLINEモバイルを料金比較

鉛筆を持って考え事をする日本人女性

人気の格安SIMはこちら-左側-ボタン

データ専用プラン

データ容量 mineo LINEモバイル
1GB 800円 -
3GB 900円
二重丸(小)
1110円
5GB - 1640円
6GB 1580円 -
7GB - 2300円
10GB 2520円
二重丸(小)
2640円
20GB 3980円 -
30GB 5900円 -
  詳細へ 詳細へ

*mineoはAプランのデータ専用プラン、LINEモバイルはコミュニケーションフリープランのデータ専用プランを採用

データ専用プランとは、データ通信のみが可能な格安SIMです(音声通話はできません)。

音声通話はできませんが、LINEやSkypeなどのインターネットを使用したIP電話なら可能です。

mineoとLINEモバイルのデータ専用プランを比較すると、どれもmineoの方が安いですね。

mineoとLINEモバイルの料金プランの大きな違いは、mineoに20GBや30GBの大容量プランがあることです。

特にyoutubeなどの動画視聴を頻繁にする人はmineoがおすすめです。

音声通話プラン

データ容量 mineo LINEモバイル
1GB 1410円 -
3GB 1510円
二重丸(小)
1690円
5GB - 2220円
6GB 2190円 -
7GB - 2880円
10GB 3130円
二重丸(小)
3220円
20GB 4590円 -
30GB 6510円 -
  詳細へ 詳細へ

*mineoはAプランの音声通話料金、LINEモバイルはコミュニケーションフリープランの音声通話料金を採用

音声通話プランとは、「080」や「090」をはじめとする電話番号で通話できるプランとなります。

多くの利用者はこの音声通話プランを使うのではないでしょうか。

MNP予約番号を発行した人は、音声通話プランを選ぶ必要があります。

mineoとLINEモバイルの音声通話プランを比較しても、mineoの方が安いことが分かります。

金額的には少しの差ですが、月額料金は毎月かかるものなので、時間がたてばたつほど差が大きくなっていきます。

iPhoneを少しでも安く使いたいのであればmineoを選ぶことをおすすめします。

格安SIMの音声通話料金を安くする方法

mineoでんわ画像
格安SIMの国内音声通話料金は、20円/30秒と少し高いです。

5分間の通話で200円かかります。

1日5分の音声通話をすると月に6000円もかかることになります。

ここまで高いと格安SIMに乗り換えた意味がなくなってしまいますね。

しかし、格安SIMの通話料金を安くする方法はいくつかあるので安心してください。

通話料金を安くする方法は下記になります。

通話料金を安くする方法

  • LINEの無料通話を利用する
  • 通話アプリを使う
  • 10分かけ放題を利用する
  • Skypeを利用する
  • Viberを使う
  • FaceTimeオーディオを使う
  • Messengerを使う
  • 楽天でんわアプリから発信する

[格安SIMを安くする方法]LINEの無料通話を利用する

格安SIMで音声通話料金を安くするのであれば、LINEの無料通話を利用すると良いでしょう。

LINEの無料通話であれば、どんなに電話しても音声通話料金がかかりません。

ただし、格安SIMでLINEの無料通話を使ったとしてもデータ通信量は消費するので気をつけてください。

LINEの無料通話を利用しすぎると、データ容量がなくなってしまい、速度制限にかかります。

LINEモバイルであれば、LINEアプリで使用するデータ通信量はカウントされないので、いくらLINEで無料通話しても安心です。

ちなみにLINEの無料通話の利用条件には、両者がLINEアプリをインストールしている必要があります。

しかし、LINEアプリの利用者数は2016年時点で日本全体の7割近くという総務省の調査結果があります。

LINE利用者は増加傾向にあるので、現在ではさらに利用者数が増えているでしょう。

この調査結果から考えると、LINEの無料通話の利用条件は容易にクリアできるかと思います。

SNS利用者数調査結果
経年比較可能なLINE、Facebook、Twitter等の6つサービスのいずれかを利用している割合をみると、全体では、2012年の41.4%から、2016年には71.2%にまで上昇しており、スマートフォンと合わせてSNSの利用が社会に定着してきたことがうかがわれる。年代別にみると、10代20代は2012年時点から利用率が比較的高い傾向にあったが、20代は2016年には97.7%がいずれかのサービスを利用しており、この世代ではスマートフォンやSNSが各個人と一体ともいえる媒体となっている。


総務省より引用

[格安SIMを安くする方法]通話アプリを使う

格安SIMでは、専用の通話アプリを使用することで音声通話料金を安くすることができます。

例えば、mineoの「mineoでんわ」アプリ経由で音声通話をすると通話料金が20円/30秒→10円/30秒になります。

なぜ安くなるかというと、通話アプリではインターネット回線経由であるIP電話を利用しているからです。

LINEの無料通話やSkypeでもIP電話が利用されています。

通常の音声通話では通話回線を利用しますが、専用の通話アプリではインターネット回線を利用するので通話料が安いのです。

通話アプリは音声通話よりも少し通話品質が落ちますが、インターネット環境が良いところであれば問題ありません。

格安SIMを利用するのであれば、前もって通話アプリをインストールしておくと良いでしょう。

通話料を半額にできるmineo公式はこちら

[格安SIMを安くする方法]10分かけ放題を利用する

「格安SIMを利用しているが、ビジネスなどで頻繁に音声通話を利用している。」

このような人でもで通話料金を安くすることができるので安心してください。

音声通話を頻繁に利用する人は、一部の格安SIMにある「かけ放題オプション」を利用するとよいでしょう。

mineoには「10分かけ放題」というオプションがあります。

mineoの「10分かけ放題」であれば月額850円で10分以内の国内音声通話を無料にすることができます。

「10分かけ放題」があれば、ビジネスで頻繁に音声通話をする人も安心ですね。

ただし、かけ放題プランがない格安SIMもあるので、格安SIMを選ぶ際には注意ください。

「どの格安SIMを選べばいいか分からない。」

こんな人は、「10分かけ放題」プランがあるmineoを選ぶと良いでしょう。

[格安SIMを安くする方法]Skypeを利用する

Skypeとは、テレビ電話ができるアプリのことです。

格安SIMでもSkypeは利用可能ですし、AndroidでもiPhoneでも使えます。

Skypeユーザー同士であれば、無料で通話をすることができます。

しかも利用回数、利用時間も制限がないので便利です。

通話品質も高く、世界の裏側の人でも快適に通話することが可能です。

「格安SIMで安い料金で運用したい。」

こんな風に思っている人は、ユーザー同士の通話料金が無料であるSkypeを利用してみてはいかがでしょうか?

[格安SIMを安くする方法]Viberを使う

Viberアプリとは、LINEの楽天版だと考えれば分かりやすいです。

iPhoneにも対応していて格安SIMでも使うことができます。

メッセージの送受信と通話を無料で利用することができるのがViberアプリです。

無料ですが、使った分だけパケットは消費されます。

Viberアプリを使いすぎると、データ残量がなくなり、速度制限にかかる可能性があるので注意してください。

パケットは消費されるとしても、通話料が無料になるのは便利です。

「格安SIMで通話料を安くしたい」と思っている人はViberアプリをiPhoneにインストールすると良いでしょう。

[格安SIMを安くする方法]FaceTimeオーディオを使う

FaceTimeオーディオとは、iPhone同士で無料通話できるアプリです。

電話番号またはApple IDに登録したメールアドレスから発信することが可能となっております。

データ通信を使って通話するのですが、Wi-Fiに接続すればデータ消費することなく、無料通話を楽しむことができます。

もちろん格安SIMでもFaceTimeオーディオは使用可能です。

iPhoneでFaceTimeオーディオを利用するには、「設定」アプリから「FaceTime」をオンにする必要があります。

iPhoneで格安SIMを使う人にとっては無料で通話が可能な「FaceTimeオーディオ」は相性がぴったりです。

格安SIMを安く使いたい人は、FaceTimeオーディオを積極的に利用すると良いでしょう。

[格安SIMを安くする方法]Facebook Messengerを使う

Facebook Messengerには通話とビデオ通話が無料で使うことができます。

Messengerの良いところは、相手の電話番号を知らなくても通話できるところです。

「相手のLINEや電話番号を知らないけどFacebookでは知り合いになっている。」

こんな人はFacebook Messengerを利用することで、相手と連絡を取り合うことができ流のです。

当然、iPhoneと格安SIMを使っている人でもFacebook Messengerは利用可能となっております。

無料通話を利用したい人はFacebook Messengerアプリをインストールしてみると良いでしょう。

[格安SIMを安くする方法]楽天でんわアプリから発信する

楽天でんわアプリは格安SIMの通話料を半額にすることができるアプリです。

格安SIMで提供されている通話アプリはインターネット回線経由での利用なのですが、楽天でんわの場合は電話回線経由なので通話品質が高いです。

楽天でんわは初期費用はもちろん、月額基本料もかからないので気軽に使えることができます。

また通話料100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。

このように格安SIMユーザーは楽天でんわをインストールしておいた方がお得なのです。

楽天でんわアプリはiPhoneにも対応しているので安心ですよ。

人気の格安SIMはこちら-左側-ボタン

スポンサーリンク

おすすめ記事

スマホの画面を見ている女子大学生 1

3大キャリアのiPhoneを安く使うなら格安SIMがおすすめです。
そこで今回は、人気MVNOの速度・料金を比較しランキング形式で紹介します。

SIMフリーiPhone画像 2

一部の格安SIMではSIMフリーiPhoneを端末セット販売してます。セット購入できるおすすめ格安SIMを比較しランキング形式で紹介します。

iPhoneにSIMカードが挿入されていない画像 3

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のiPhoneを電話番号そのままで格安SIMへ乗り換える(MNP)手続きや設定方法を解説します。

iPhoneのデータ移行画像 4

iPhoneで格安SIMへ乗り換える前に準備・やっておくことがあります。引き継ぎやデータ移行、バックアップ、それに伴う注意点を解説します。

iPhone Xの白色 5

3大キャリアと比較するとSIMフリーiPhoneを格安SIMで使う方が安いです。今回はiPhoneが安くお得に使える最安運用法を解説します。

画面にヒビが入って故障したiPhone 6

故障iPhoneの修理代は高額です。メーカー保証の「AppleCare+」や格安SIMが提供する「端末保証」などの保険に加入すれば安心です。

iPhoneとテザリングの画像 7

iPhoneのテザリング機能は格安SIMでも使えます。今回はテザリング対応機種(ドコモ、au、ソフトバンク、SIMフリー)を紹介します。

mineoを使っている少女 8

iPhone利用者No.1のmineoはドコモ・au回線対応のマルチキャリアです。料金や乗り換え方法は勿論、悪い評価・評判、デメリットも紹介!

UQモバイルを使っている女性 9

「UQモバイルの悪い評判や口コミを知りたい。」購入前にデメリットを把握すれば後悔しません。そこで実際使ってみた人の体験談や不満を紹介します。

LINEモバイルを使っている女性 10

「LINEモバイルへの乗り換え検討中だけど、口コミや評判・感想ってどう?」そんな人のために実際に使ってみたメリット・デメリットを紹介します。

楽天モバイルを使用している少女 11

楽天モバイルを検討中なら口コミが参考になりますよ。そこで今回は、実際の通信速度や料金プランだけでなく、デメリットや悪い評判も紹介します。

更新日:

Copyright© 【iPhoneに合う格安SIMおすすめ】人気MVNO比較ランキング! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.